2008年10月19日

10/12 I LOVE BASSFISHING

50アップなんて釣れない方がいい。
ましてや60アップなんて死ぬ間際に釣らないと人生つまらなくなる。
そんなふうに思っていた。
元々人間の感動の量なんて決まっている。
50アップを釣ったら、今までは嬉しかった40アップの感動は小さくなる。40アップでも喜びたいから、50アップは釣りたくない。
こう考えていた。
しかし、今年の元旦には50アップ、さらに5月には57センチ。
ああ、40アップが嬉しくなくなる……そう思ったが、そうでもないような気も。さらに8月にも50アップが釣れちゃって、しかも10月には死ぬ間際に釣る予定だった60アップまで。
目標がなくなってしまったら、バス釣りがつまらなくなるのでは……そんなことが懸念された。
そんな状況でのフローター釣行。
万年さん、きたさん、そしてパパになったばかりのネンさんと最高に楽しいメンバーが集まった。私にとってのバスフィッシングを計るにはうってつけの舞台である。
暗いうちに房総の某ダム湖に着き、準備。
薄暗いうちに入水となった。
すでにこの時点で私の答えが出てしまった。楽しい。
バスフィッシングめちゃくちゃ楽しい。
久々のポイントでかつてない満水。この状況だけでワクワクする。
釣れるのか、釣れないのか。
このドキドキ感がタマラナイんだ。
私にとってのバス釣りは魚を釣った結果だけじゃなく、準備からエントリー、竿を振るまでが半分くらいを占めているようだ。
あいにく、状況はかなり渋いようだ。
きたさんがすぐに1匹上げたが、私には何もない。
ネンさんが1匹釣った。
私には何もない。釣れないで悩むのもバスフィッシングの楽しみだ。
万年さんを追いかけ、小さなワンドに入る。
カバーを打っていると、後方の浅場でフィーディングらしきボイルが。
ふだんやったこともないジグヘッドワッキーを投げたら、食った。
タマラン!
しかも、でかいし!
久々のスピニングでのヒット。ラインは3ポンドだから無理はできない。ドラグがギュンギュン鳴る。楽しすぎる!
一度はブッシュに巻かれたけど、なんとか引きずり出して、ランディング!
IMGP3593-2.jpg
46センチ!
嬉しい!
60センチを釣る前とぜんぜん変わらないじゃん。
やっぱり46センチは嬉しい大きさ。
60センチの感動の大きさはもちろん桁違いだけど、46センチの嬉しさは私の中で変わらずにあったことに安心した。
これでかっなーり満足して、しばらく睡眠しながら漂流。
寝たり起きたりして3時間くらい。
万年さんが戻ってきたけど、やっぱり渋いみたい。
別のダムに移動しようってことになった。
ここで事件が!
係留ロープをくぐる際に、なんとネンさんが竿を落水させてしまったのだ。
みんな集まって、救出ロッド釣り大会開始w
IMGP3604-2.jpg
水深は2.5メートルほど。簡単に釣れると思ったんだけど、これが難しい。予想外に白熱した。
私は、フックが3つ付いた大型ミノー・ルドラを14gのテキサスリグで沈めてズル引き。
当然、こんなのも引っかかってきちゃう。
ネンさんと大物ダブルヒット。
1012-2.jpg
いやいやふざけてる場合じゃなかった。
根がかり覚悟でさらにズル引き。
すると、何かに引っかかった。竿を上げてみると重さがかかる。
なんとなくいい感じ。
リールを巻き上げると……。
やったー!
1012-01.jpg
ネンさんのタックル救出成功。
やっぱ、バス釣りは楽しい!

次のダムへ移動。
この時点でまだ10時半。ここまでの貧果を取り返すには十分時間がある。
逆転の期待に応えるかのように、2投目で釣れちゃった。
IMGP3607-2.jpg
テキサスで35センチくらい。
こりゃあ、こっちのダムは爆釣か!なんて思ったんだけど、続かなかった。
なんと、このまま夕方まで何もなく終了。
きたさんは、とある場所での連発があって8匹だって。
ネンさんも5匹くらいだったかな。
万年さんは夕方になんとトップで2本追加。
私は2本だけだったけど、46も釣れたし、なんといってもバス釣りが楽しいことが確認できたのが最大の収穫だった。
バス釣りをやめることもないだろうし、バス釣りがつまらなくなることもないと確信した一日だった。
万年さん、きたさん、ネンさんありがとうございました。
posted by やすだ at 01:53| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | バスフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

10/5 バス釣り人生最高の日

夏以降、すっかり多忙が日常化して釣りに行けるのも月に1回か2回になっていた。
かなりストレスが溜まっていたようだ。
知らず知らずのうちにイライラしてしまい、付き合いの長いカメラマンに注意されたりした。
今まで毎週、毎週釣りに行けてたのが幸せすぎたのは分かっているのだが、それでも自分では人一倍仕事をしていると思ったし、これだけ働いたら、それくらいの報いがあてもいいんじゃないかと思ってた。
その報いがなくなり、ひたすら仕事ばか増え続け、イライラという形に変わってたんだと思う。
義兄の癌のこともあり、遠出も自重していたしね。
ところが、その義兄が抗がん剤が効いて病状が好転した。
一時帰宅で家族で海水浴に行ったり、管理釣り場に行ったり。
それを聞いて、遠出の禁を解くことにした。
素晴らしいタイミングでM氏から琵琶湖の誘いがかかった。
もちろん、「ぜひ!」と即答した。
それからの半月は多忙を極めたが、来るべき日のために毎日朝から終電まで頑張ったよ。自分で誉めたいくらいねw
そして釣行前日にここ最近、琵琶湖で驚異的な釣果を叩き出しているというジョインテッドクローも手に入れた。
今回も強行軍である。
土曜の深夜バスに乗って日曜朝に琵琶湖到着。
一日釣りをして、新幹線で帰ってくるというスケジュールだ。
当日の土曜も私は仕事。会社に釣り道具を持って行き、気合を入れてこれを片付ける。
仕事場から、池袋の深夜バス乗り場へ直行した。
M氏、T氏とともに琵琶湖へ向かった。
翌朝、京都到着。ここから電車で琵琶湖へ。
今回は、ここ1カ月おそらく琵琶湖で最高の釣果を叩き出してるであろう大仲正樹さんのガイドである。
期待しちゃうね〜!
まずは、ライトリグから開始。
しかし、これが難しい。なんせ、関東ではやったことないような深場。ルアーが底についてるかどうかも分からない。
なんか全然感覚が掴めないんだけど、25センチくらいのが1匹だけ釣れた。
この釣りには大苦戦。同じくパワーフィッシングを信条とするM氏も苦戦。スピニングの釣りが得意なT氏だけがどんどんと釣果を上げていく。
私は30ちょいのを追加したのみ。
この日の琵琶湖は、かなり冷え込み、おまけに冷たい雨が降っていた。
大仲さんも「今日はかなり渋い」と不安なことを言い出す始末。
途中、ヘビテキでMさんと大仲さんが1匹ずつ追加したが、私はダメ。
午前中はT氏の一人勝ち状態で終了となった。
IMGP3560-2.jpg
かなり暗雲立ち込める状況。
午後は、根性決めて、午前中の後半にやりだしたジョインテッドクローをやり抜くこととなった。
これがキツイ……まるで部活動だ。
ひたすら力いっぱいの遠投、そして巻く。
この繰り返しだ。
そしてついにT氏が40クラスを1本釣った。
IMGP3561-2.jpg
にわかに盛り上がるが、続かない……。
さすがに同じビッグベイトを4時間も投げ続けると、
体も心も疲れてくる。
本当に釣れるんだろうか?
「やり抜きましょう」
大仲さんからそんな言葉が出てしまったために、後に引けなくなっていた。
ああ、スピナベ投げたら釣れるんじゃなかろうか……。
頭ではちょっと弱気になっているのだが、口には出せない。
もはや、惰性で投げて巻いている状態だった。
ここにはバスがいないんじゃないか……そう思ってしまうくらい魚の反応はない。ひたすらフックに絡み付いてくるウィードをちぎって捨ててはまたキャストする。
肩が痛い……腕もパンパンだよ。
それでも投げる。
クソッ!
半分ヤケクソだった。
遠投して、巻いてくると毎度のようにウィードに引っかかった。
竿を煽って、ウィードを切る。
プンッ!
ゴゴッッ!
ウィードが切れた瞬間、鈍い衝撃が走り、竿が絞り込まれた。
きったっ〜〜〜〜〜!
テンションを緩めず一気にリールを巻く。
重い……
前に万年さんが言ってたが、こんな時になってメタMgのハンドルのガタツキが急に気になった。
それでも巻く。
思ったより、簡単に寄ってきた。
でかい!
ボート際、デカバス特有の突っ込みだ。
5月には明らかにロクマルにこれで切られてる。
突っ込みに合わせて竿で追いかける。
ウィードに入られた。それでも一気にリフト。
瞬間的に大仲さんがネットでランディング。
IMGP3562-2.jpg
よっしゃあああああああああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
絶叫。
でかい!
魚がボートに上げられた瞬間、足がガクガクになった。
IMGP3566.JPG
IMGP3568.JPG
60センチ 3400グラム
2008年 10月5日 14時35分
ロッド:HGC-76XX スラップショット(deps)
リール:メタニウムMg(SHIMANO)
ライン:FCスナイパー20lb(サンライン)
ルアー:ジョインテッドクロー178 邪鮎(GUN CRAFT)
IMGP3572.JPG
琵琶湖すげえ!
その後も釣りを続けたが、ほとんど放心状態。
T氏が45.5をジョインテッドクローで釣って、その後追加は出ず終了となった。
ああ、まさか、ロクマルが釣れちゃうなんて……。
ありがとう琵琶湖。
IMGP3577.JPG
ありがとう大仲さん。
ありがとうMさん。
ありがとうTさん。
バス釣りをしてて、最高の日となった。
posted by やすだ at 02:32| 埼玉 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | バスフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。