2008年02月24日

2/23 泣いてばかりいたって幸せは来ないから〜♪

今週は万年さんが久々に出撃可能ということで、水郷バス釣りに決定!
メンバーは私、万年さん、そしていっけさん。いっけさんとは実に4周連続の釣行ですね。
万年さんが寝坊のため少々遅れての出発となりましたが、焦りはまったくありません。
どうせ釣れるのは温かくなってきた9時過ぎだろうし、今日はめちゃくちゃ温かいので待つのも苦になりませんよ。いっけさんと雑談していると間もなく万年護送車が到着しました。
やっぱり、護送車での水郷行きはワクワクします!
会話も楽しいしね。
水郷には8時くらいに到着。すぐに釣り開始。
順々に車をおり、ポイントに入っていきます。
開始から間もなく、もっとも実績のあるポイントに入ったいっけさんから連絡が入りました。
366753090_01.jpg
なんと、もう1本目をゲットとか。5分も経ってないし〜!
いっけさん好調だなあ。私と行って坊主無しだもんねえ。
さらに30分もしないうちに2本目ゲットしたとか。
366753090_02.jpg
すげえし〜! いっけさんは集中力が高いんですよ。
そのポイントに魚がたまっていることは確かですが、集中しなければこの時期の小さなバイトは取れませんからね。
私もなんとか1本釣って坊主逃れしなきゃ。
しばらく最初に入ったポイントを探りましたが、反応がないため、万年さんとともにいっけさんが入ったポイントに戻ることにしました。
今日はいつもと違ってテキサスで攻めて見ることにしました。ワ−ムはバイズクロー。
30分くらいゆっくり引いていると、ちょっとした石に当たったくらいのコツッ!という感触が! 瞬間的にラインを送ります。
クンクンクン!
一気に竿を立ててアワセました。
ベイトロッドなので抜いちゃおうかなとも思いましたが、フックがあっさ〜く刺さっていただけなので、無理せず慎重にハンドランディング。
IMGP2781.JPG
31センチ!
今週も坊主逃れできちゃいました〜。
温かくなったとはいえ、水の中はまだまだ冬のようで食いは浅いですね。
本当に、唇にかろうじて掛かった感じでしたよ。
リリースした後、正面の沖にあった竹杭を打ってみます。
反応がないとみるやすぐにヘチへリターン。ちょい投げして、トコトコトコと3歩進んだところでまたもや小さな違和感。
すぐにラインを送って、ヒュン!とガッチリアワセ!
また乗った〜!
小さいので一気に抜き上げ〜。
IMGP2783.JPG
25センチ。さっきの釣ってから3分と経ってませんよ〜。
ここ最近、ラインの太さばっかり気にしてたけど、やっぱり、この小石か魚か分からないような微妙なアタリを取れるかどうかが、釣果に繋がってるのかも。毎週来てるからねえ……。
その後、漁士くんとキヨポンが合流。
久々の対面にバカ話も弾みます。
さあ、釣っちゃってください。
しかし、キヨポンや万年さんにすっぽ抜けがあったものの、惜しくも釣果は出ません。
そんな中、いっけさんが追加してるし〜w
366753090_03.jpg
いっけさん釣るなあ。これで3本目だもん。
すっかりこの釣りをモノにしたって感じですね。
その後、追加を狙ってこの場所でしばらくやりましたが、反応が薄くなったので、早めの食事にすることにしました。
漁士くんとキヨポンは大移動するということでここでお別れとなりました。
お昼はいつものジョイフルで!
日替わりランチ大盛り&ドリンクバー&スープバー、そしてツチヤさんとの会話を満喫して午後の部へ突入です。
ところが、突然強風に! 白波が立って、だいぶ釣り辛い状況になっちゃいました。
いっけさん情報では「春一番」だとか。
それでも、以前から気になっていたポイントへと入ります。
風にくわえ、雨も降り始めてました。
さらに雷も一発。
そんな中、いっけさんにはワンバイトあったとか。
やっぱり、状況のいい日であれば、ここも有望ポイントですね。
さらに数カ所ポイントを巡りますが、「海か!」っていうくらいの白波ザブンザブンで釣りになりませんよ。
IMGP2789.JPG
終了!
諦めて釣り具屋へ。
これで帰るつもりでしたが……帰りにどこか行こうという事になり、とあるポイントへ。
万年さんの選択ですが、実は偶然にも私が去年の夏に「冬になったら良さそう」と思って密かに探りを入れてあった場所でした。なので釣れる感じ満々です。
ここでは、気温も急激に下がってきたこともあって、よりゆっくりとルアーを動かします。
底を感じながら、ゆっくりとトレース……。
そして!!
竿先がわずかに動くだけの違和感。すかさず竿先を送って糸ふけを出します。すると、く〜〜〜とラインが張りました! 反対方向に歩きながらスイープ!!
ゴンゴンゴン!
来た〜〜〜!
冬バスとは思えないゴツゴツとした引きです! かなり元気なものの、ジャンプはせず下へ下へと潜ります。
焦らず慎重にいなして沖へ導き、ここで遊ばせてバスの体力消耗を待ちます。
水面までは高さがあるので、しゃがんで手を伸ばしただけでは届かないでしょう。
バスが水面で口を開けたところで、ヘチまで寄せて、寝転がって下顎をガッチリ!
やった〜! 長さはないもののいいコンディションです。
IMGP2795.JPG
35センチ。
いやあ、この悪天候の中……そして普段やっていないポイントでの釣果だけに、夏場の探り、そしてこの冬に構築した釣り方が間違っていなかったのだということも感じられ感無量!
間もなく陽も沈み寒くなったので終了。
今日も釣果が上がり、今年度、水郷坊主無し記録更新中。
万年さん、いっけさんお疲れ様でした。
来週は、だめぢゃんで頑張りましょう!
posted by やすだ at 17:24| 埼玉 ☀| Comment(8) | TrackBack(1) | バスフィッシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
この時期のこの水温での釣果・・・凄い。
Posted by matu at 2008年02月24日 18:41
研究しました、めちゃくちゃ。
でも、間もなく冬が終わり、春になりますw
研究の成果もそろそろ終わりですね。
少し寂しい気もしますが、温かくなるのが一番いいですね。
Posted by やすだ at 2008年02月24日 18:50
確かに終わっちゃうのは寂しいなぁ。
でもこの釣りは来年でも通じるでしょう!?
いる場所は若干ずれても釣り自体は成立すると思うから、また探せばいいしね!
荒川もよっぽどのことがない限り変わらないだろうし。
もう冬は怖くない!!
楽しみな季節になっちゃうね〜
Posted by いっけ at 2008年02月24日 21:13
>いっけさん
そうだね。
自分がこの釣りができなくならない限りは釣れる……と思う。
この冬は得ることが多かったよ。
タックルとかラインとか、ルアーの動かし方とか、
何も考えずにやっていることの理由付けができたというか、使用法の確認ができた。
さて、そろそろ春とか夏の研究をしよっかw
Posted by やすだ at 2008年02月24日 21:52
いいお話をお聞きしました。自分で考えて行動して結果を出すってうれしいですね。私は、今冬の課題をチェックできなくて。今年のシーズンは、厳しいかもしれません。
Posted by matu at 2008年02月26日 20:11
>matuさん
私は渓流、クロダイ、そして今年はサクラマスもと考えているので、去年以上にバス釣りの占める割合が低くなりそうです。そのぶん、冬場に研究して釣果が出せて良かったと思ってます。今年の目標はバス100匹、チチブイワナ1匹、クロダイ10匹、サクラマス1匹です。
Posted by やすだ at 2008年02月26日 22:33
山菜は、いつですか?
Posted by matu at 2008年03月03日 07:39
>matuさん
今週末あたりに釣りがてら様子を見にいってきます。
それで決行日を決めましょう。
Posted by やすだ at 2008年03月03日 09:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

水郷で初コバス
Excerpt: 今日は、今年のだめぢゃん第1戦です。 いつものようにDAIさんに乗せていただき、おにパパさんと一緒に横利根閘門へ。 ミーティングのあと、いよいよ開幕です。 途中の朝日。 まずはいつもの川へ。 今..
Weblog: Kazu's Page Blog
Tracked: 2008-03-03 09:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。