2010年11月07日

11.07 来年こそは……!!

今日は今年最後のだめぢゃんの例会
だめぢゃんクラッシックでした。
出場権は取っていたものの、仕事が入ってしまい欠場。
会長のべちさんが940g1本で優勝したそうです。
だめぢゃんは、べちさんが強いほうが盛り上がるので、
来年は、べちさん復活してくれるといいですね。

そんなワケで、仕事&引っ越し準備で大忙し。
溜め込んでいた釣具をオークションなどで放出中。
今週も竿5本、リール6個売却しました。
せっかく売り払ったのに、内緒でリールをひとつ購入。
スコーピオンXT1501-7。
このリールの購入理由はラインキャパ。
20ポンドを100メートル巻けるリールが欲しかったんです。
これを9月に買ったスコーピオンワールドシャウラ15103-Rと合わせて……。
IMGP5180.JPG
ブラックバスだったら20ポンド100メートルは必要ないでしょう。
実際のところ、琵琶湖に行くときでも私はいつもラインは各リールとも50メートルほどしか巻いてませんし。
でも、このリールには22ポンドをいっぱいいっぱいまで巻くつもりです。
このタックルで狙う魚はブラックバスじゃないからです。
こいつです!
201008_10_51_c0153951_16311556.jpg
実はお盆に琵琶湖に行った際、元ワールドプロの川越さんとバス以外の釣りの話になりました。
その際に双方から出たのが高知のアカメだったんです。
私も何年も前から遠征を夢見ていたんですが、高知はとんでもなく遠いし、アカメじたいかなり釣るのも難しい……通いこんでワンシーズン数匹なんていう釣れる確率が少ない魚ということで尻込みしてました。
ところが、川越さんからいただいた情報で一気に火がつきました。
1年以内に高知に行かなくちゃ!と。
そして、琵琶湖から帰ってきて間もなく行った村田さんの店で、上の写真を見せられたのでした。
村田さんはつりビジョンのロケで、数日前にこのアカメをあげたばかりで、親切にタックルボックスを引っ張り出して、その時の様子を詳しく語ってくれました。
川越さんが話していた情報と合致する内容も多く、なんて巡り合わせなんだと思いました。
何年も前から夢見てて、有力情報もなく実現しなかったのに、こんなに連続してすごい情報が入るなんて釣りの神様が私に高知に行けと言っているようにしか思えません。
村田さんは実に商売上手でw、上の巨大なアカメを仕留めたタックルをオススメしてきます。
でも、釣った本人が言うだけに説得力は抜群。
元々、スコーピオンワールドシャウラ15103-Rは村田さんがオーストラリアのバラマンディーを釣るためにつくった竿だそうです。
アカメはバラマンディーと同種の魚ですから、これにはぴったし。これにリールは22ポンドをたっぷり巻けるスコーピオンXT1500がいいと。
なぜDCは使わないのかと聞くと、夜釣りでバースなどストラクチャーを狙うので、飛距離が出るDCよりスコーピオンの方がいいとのことでした。
そしてすっかり、村田さんの言うとおりのタックルを揃えてしまったというわけです。まあ、中古ですが。
目標は来年の6月。夏前の盛期に挑戦できればと思ってます。それまでじっくりルアーを揃えようと思います。

ああ、そういえば3年前に村田さんにイトウが釣りたいと言ったら、モンスターエディション83M買っちゃったんだけど、これも使わないままになってるなあ。これも使えるように頑張って北海道遠征も実現に動こうと思ってます。
とか言いつつ、バス釣りばっかりになっちゃうんだよなあ……来年は絶対にアカメ挑戦します!
posted by やすだ at 23:37| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

3〜6月のおまとめ

しばらく放置してました。
釣りに行ってなかったわけではなく、面倒だっただけ。
まあ、書いて自慢しちゃおうっていうすんごい釣果がなかったということです。
とはいえ、書いておかないと、あとで1年を振り返ったときに、穴が開いた状態になってしまうので、書きますw
まず、3月1日。だめぢゃんの開幕戦に出場。
冬に開拓しておいたポイントではなく、新規開拓で回り、撃沈。
バス釣りはポイント探しが大事と改めて思った一戦でした。
この頃から仕事が忙しくなり、次に釣りに行ったのは、3月29日。
まささんのお友達にシーバスに連れて行っていただきました。
正確な数は覚えてませんが10匹以上釣ったような。
確か、最大は60センチでした。
IMGP3826mini.jpg
めちゃくちゃ寒かったけどめちゃくちゃ楽しかったです。ヒットルアーはラパラCD9とX-RAPでした。
4月4日はだめぢゃん第2戦。
これも撃沈。午後は餌釣りでバス2匹とギル多数でした。
4月12日は、関西の方から引っ越してきたKohくんを連れてバル川へ。
シャッドで1匹釣れました。
IMGP3844mini.jpg
Kohくんは釣りウマで3匹くらい釣ってたなあ。
IMGP3842mini.jpg
4月26日はふたたびバル川へ。前日の大雨であいにくの増水。
しかし、ミノーを投げまくると、なぜかヘラが連発。
F1000020mini.jpg
F1000014mini.jpg
その後、まささんの極秘水路でカープ狙いのパンプカしました。
これがめちゃめちゃおもしろかったです。
とくにナイスタイミングで壊れるタモがw
マジで笑が止まらないくらい。
全員がでかいカープを上げました。
F1000029mini.jpg
31363533_3528101972mini.jpg
私は人生最大の80センチをゲット。たぶん10キロ以上はありました。
これはハマリますよ〜!
4月29日。突然、仕事が休みになって急遽秩父の渓流へ。
一昨年に歩き回った川でヤマメ一匹。
IMGP3849mini.jpgすぐに温泉入って飯食って退散。
最近は、こういう大人な釣りができるようになりました。

5月2日は今季初の琵琶湖遠征でした。
アフターの時期らしく、フィネスでスローな展開に大苦戦。
朝に42センチ。
IMGP3866mini.jpg
夕方に48.5センチが釣れたのがせめてもの救いか。
IMGP3874mini.jpgでも、琵琶湖はキレイででっかくて、行っただけで楽しいです。

【タックル】
ロッド:デストロイヤ−F1-65DGSアーロン・マーティンスリミテッド(Megabass)
リール:ルビアス2500(ダイワ)
ルアー:エアーフライ(魚矢)ジグヘッドリグ


5月10日は、万年さんとともに冬場に目をつけておいた野池の探索に。
ひとつめの池はイマイチだったものの、ふたつめの池で大爆発。
IMGP3885mini.jpg私30匹、万年さん35匹。
さらに3つ目の池では、私の1投目に37センチ。
IMGP3910mini.jpg期待が高まるも、私は1匹、万年さん5匹でした。
結局、2人で72匹という大爆釣でした。
GWがあったおかげで仕事は多忙に。

5月17日。
週末ですが、もちろん釣りに行く暇はありません。
しかも車検に出したため自動車もないw
釣りのサイトに私の家の近所である荒川でシーバスが釣れたという記事があったので行ってみることにしました。
ミノーを投げまくるも反応なし。
遊びでジョインテッドクローを投げると、5投目でヒット。
IMGP3926mini.jpg
上げてみると……ちっちゃいシーバスかと思ったら、46.5センチのナイスバスでした。

【タックル】
ロッド:サイドワインダー・アウトクロス(deps)
リール:コンクストDC101(シマノ)
ルアー:ジョインテッドクロー(ガンクラフト)

さらに翌週。
どしゃ降りの中、がまんできず再び荒川に出かけました。
前回より上流、春先にデカバスを目撃したエリアです。
あのサイズのバスがいるところなら、ビッグベイトも利くはず。
ジョインテッドクローを投げると……なんと4投目でヒット。
今度は48センチのビッグバス。
IMGP3940mini2.jpg
満足して1時間で帰りました。

【タックル】
ロッド:サイドワインダー・アウトクロス(deps)
リール:コンクストDC101(シマノ)
ルアー:ジョインテッドクロー(ガンクラフト)

と、3カ月を、まとめて振り返ってみると、自慢できるような釣果が上がってないと冒頭に書きましたが、そんなこともなくいい魚を上げてます。
ちゃんと書いておけば良かったと思う次第でございます。
posted by やすだ at 15:18| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

7.5 恒例!! 夏のヌルヌルローション祭り

今週はだめぢゃんです。
夏のだめぢゃんといえば……恒例の前夜祭ナマズ釣り!
おのおの、いろいろな餌を買い込み、現地に集合です。
でも、いっつもより時間が早いせいか、道が渋滞。三郷の橋を越えるだけで1時間以上掛かっちゃいました。そういえば、去年も同じ失敗してますね。
で、現地には11時頃到着。
さっそく、釣りを開始しました。
今晩の餌はこんな感じです。
IMGP3317.JPG
釣りとは思えないラインナップですね。まるで、これから酒盛りでもしそうw
私はネットで噂のビックカツ(駄菓子のね)で開始しました。
これが、意外や意外。アタリまくりですよ。
アタるんだけど、魚が小さいのか乗りません。
そうこうするうちにあつしさんにヒット! 寄せてくると、なんか様子がおかしいです。ってゆうか、この魚、なに? 上げて仰天。
IMGP3320.JPG
IMGP3321.JPG
なんと真っ白なナマズでした。目が赤いの。アルビノってやつですね。これは珍しい!!
この日はなぜか渋いです。アタリがあっても超ショートバイト。夕方にあった大きな地震が影響してるんでしょうか。
そのうち、万年さんにヒット。
さらに暗がりに遠征していたきたさんも釣りました。
そして、万年さんが想定していたパターンの検証のために、テトラへ。
間もなくして、万年さんの声が聞こえ……なんとデカナマズを携えてました。
IMGP3323.JPG
50アップ! 検証終了。すげえっす。
IMGP3327.JPG
私も同時に釣れましたけど、これはちっこかった……。
あ、その間に寝ながら釣ってたタニーも超メタボなのを上げましたよ。
IMGP3328.JPG
デブすぎ〜!
私も万年さんの検証結果をふまえてテトラ方面へ。その通りにアタリまくりますが、残念ながら切られまくり……。
そうこうするうちに、テトラに進出してきたべちさんが56センチをゲット。
IMGP3329.JPG
今日イチですね。
つださんもミニサイズを。
間もなくして、だめぢゃんの集合時間となり終了。
釣果は渋かったですが、いまだ未知のアメナマの生態が万年さんによって少し解明され、実り多き一夜でした。
で、翌日のだめぢゃんへと続く……。
posted by やすだ at 11:08| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

1.19 冬の荒川ビッグゲ−ム

今日はHIROさん、たさきちさんとともに荒川でコイ釣りです。
たさきちさんがウチから数分のところに引っ越して来てからずっと、「荒川案内します」なんて言ってたんですけど、ずっと行けてなかったんですよ。
いい時期になっちゃうとついつい遠出したくなっちゃったりで……。
今回、正月休み中に近場でコイが釣れたので、そこにHIROさん、たさきちさんと行こうということになりました。
朝9時に集合して、いざポイントへ。
吹きさらしの河川敷は、凄い風です。めっちゃくっちゃ寒いです。
でも、これにめげず釣りを始めました。
IMGP2685.JPG
HIROさんとたさきちさんは底をとってコイ狙い、私は宙層でレンギョ狙いです。
エサもお二方はコイ用のネリエサで、私はグルテン5。
これを黙々と打っていくんですが、風が強くてウキが見にくいんですよ〜。
頑張って打ち続けること1時間弱……アタリらしきものはあったものの、気持ちよくウキが消し込むことはありません。
そこで今まで狙っていたヘチから、狙いを沖に変えてみることにしました。
その1投目……立ちウキがパタンと倒れました……風かな?……そう思った瞬間、ウキは横に走り出したんです!
ギューン! 4.5メートルの磯竿を一気に立て、アワセました!!
キュゥゥゥゥゥ〜!
ラインが音を立てて、竿が激しくしなります!
来た〜〜〜〜〜ぁぁぁ!!
いきなり来ちゃいました、ビッグフィッシュ〜!
重い、めっちゃくちゃおっも〜い引きです!
この引き方は明らかに大間のマグロ……いや、レンギョですよ!
狙い的中です!
arakawa001.jpg
それにしても、磯竿ってのは素晴らしいです。こんなに引いてるのに、すべてその弾力で吸収して、ドラッグが出る事もないんですから(たさきちさん、写真いただきました)。
何度も激しい突っ込みをみせ、抵抗しますがレンギョも磯竿の「柔よく剛を制す」的能力に体力を奪われていきます。
ファイトする事、約5分ついに巨大魚が浮き上がりました。
いざ、私の管釣り用ゴムネットでランディングを試みたものの、魚が大き過ぎて入らず失敗。
HIROさんのネットで掬ってもらいました。
HIROさん、ネットをヌルヌルにしちゃってゴメンナサイ。
IMGP2686.JPG
サイズは90センチ!!
IMGP2685.JPG
これも10キロくらいあったんじゃないかなあ。もちろんレンギョ自己最高記録です!!
大満足!!
その後、アタリもなく1時過ぎに用事のため早上がりとなりました。
川のビッグゲーム楽しいですね〜! またやりましょう!!
posted by やすだ at 19:32| 埼玉 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

1.5 マグロ釣りに挑戦!!【ビッグゲ−ム最高!】

年末からやたら、大間のマグロ釣りのテレビを見かけます。
流行ってますねえ、マグロ釣り!
ああ、やってみたいなあ……。

な〜んか元旦に50アップが釣れちゃって、翌2日もシーバスでいい釣りができちゃったせいで、すっかり心が満たされちゃって、新年早々抜け殻のようになってしまいました。
3日は半日家でゴロゴロ。
食欲も全然なくてほんとに何もしないでいました。
夕方になってパジャマの上から服を着て、車でマックへ行ったついでに釣具屋巡りをしたんですけど、一向にやる気が出てきません。
4日も同じような状態。
家でネットばっかりやってダラダラ。
お腹もすかない……完全にモヤモヤ病ですね。
これを断ち切ろうと、パジャマの上から防寒着を着込み、近場のポイントにバスタックルを持って出かけました。
でも、まったく釣れる気がしない〜……。これじゃあ、モヤモヤが増すばかりだよ〜。
と、うなだれていると、不意に前方をやっていた人の竿が曲がりました。
凄い引き!!
IMGP2596.JPG
なんと彼が持っているのはフライタックルなんですよ。
マラブーの中層引きで食ったそう!
すげえ! マグロだ! マグロ!
十分に時間をかけて上がってきたのは、見事な60アップのカープ!
すげえ、すげえ!
急にワクワクしてきました。
さらに、もうひとつの水門に行ってみると、こちらでも竿を曲げている人がいます。
大きな魚体が水面でヒラを打ちました。
うほほほほ! すんげえ、マグロだ! マグロ!
こちらは磯竿使用。めちゃめちゃ竿が曲がってるよ〜!
IMGP2597.JPG
上がってきたのは、な〜んとメータークラスのレン公!
IMGP2598.JPG
こんなとこで、こんなビッグゲームが楽しめるなんて最高ですね!
IMGP2599.JPG
もちろん、すぐに釣具屋に走ったのは言うまでもありません。
キャスティングで2番4.5mの磯竿を購入2999円。JSYで赤ベラ、マッシュポテト、ウキ、鯉バリを購入しました。1600円だったけど、福引きで700円分の金券が当たったので900円。計3900円ほどでマグロ釣りに挑戦です。
IMGP2603.JPG
翌5日。昨日よりはやる気はあったものの、寒くて午前中は尻込みしてしまいました。
でも、午後になったら陽がさしてきたので出動する事にしました。
途中のコンビニで食パンとうどんを買います。これは念のためのエサですね。
現地に着くと、まずは仕掛けを作り、さらに練りエサを練ります。
しまった! グルテン系のエサを買い忘れちゃいました。
でも、大丈夫。うどんがありますからね。
うどんを袋のまま握って握ってお団子状態に。
これをマッシュポテトなんかと合わせれば、グルテン代わりなっちゃうもんね。
狙いは中層です。
ここは水深2.5mくらいなんですけど、淡水のマグロといわれている(?)レンギョは中層から表層を泳いでいるんですよ。
ウキ下を80センチくらいにすると投げ込みました。
何度も打ち返す事、40分ほど。
きっとエサがバラけて魚も寄ってきている事でしょう。
小さなアタリが出始めました。
しかし、なかなかウキが一気に沈む事がなく、アワセることができません。
魚は釣れないけど、ウキ釣りめちゃくちゃ楽しい!
ウキ見てるだけでワクワクしますよ。
そしてついに!
ストンとウキがけし込みました。勢い良く竿を立てます。
すると凄まじい力が伝わってきました。
磯竿は満月に曲がっています!
きたぞ〜! マグロ!! 大物だぞ〜!
対岸のヘラ師からも歓声が上がってるのが、実に気持ちいいですね。
しかし、磯竿ってのは凄いです。胴からぎゅーんって曲がって、マグロのパワーをうまく殺してくれるんですよ。
ドラッグはきつめにしてあるんですが、道糸はPEの2号、ハリスは4号ですから安心です。
引っぱり合いをしてて気付いたんですけど、狙っていたレン公とは微妙に引き方が違うんですよね。
レン公ってアホみたいにガンガン引いて遠くに行くんですけど、こいつはやたらトルクのある泳ぎで底へ底へと向かっていくんですよ。
引っ張りっこすること5分。ついに、魚が見えました!
ウロコがあるってことは、カープ?
見えてからが、これまたしぶとい。
でも、負けませんよ〜。うまくいなして、いなして、空気を吸わせる事に成功。
ついにネットに収まりました!
IMGP2605.JPG
すんげえ重いし……!!
デブデブのカープ70センチ。
IMGP2606.JPG
何キロくらいあるんだろ?
7、8キロはありそうな感じですよ。ヘタしたら10キロとかあるかも!?
すんげ、でっけええ!
いやあ、すんげぇよ!
ビッグゲ−ム最高!!
近くにいたバス釣りの兄ちゃんに写真を撮ってもらいました。
IMGP26080.JPG
ありがとう!
いやあ、漁師の顔だね〜ww
大満足!
レン公狙いだったのに、カープ釣れちゃったんですけどね。
もちろん、カープのが嬉しいですよ〜!
70センチのカープは生涯最高記録です。
これで、彼女の最高記録である68センチをやっと上回りました!
その後、子どもが石を投げたり、引っかけ狙いの少年が何人も来たりで、魚は散ってしまったみたいです。
アタリもなくなったので4時過ぎに終了。
IMGP2611.JPG
今日も夕日がキレイでした。
posted by やすだ at 18:49| 埼玉 ☀| Comment(19) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

12.22 2007年釣りの総括

今日も東京湾に黒鯛釣りに行こうと思ったんですが、なんと渡船中止。
寒くなって客が少なくなってしまったために、赤字が出ちゃうそうです。
地続きの堤防に行こうか、それともたまにはブラックバス釣りにでも行ってみようか……。
どちらも釣れそうにないなあ……もっと時間的に余裕があって、一緒に行く人を探せれば、行く気にもなるんですが、寒いし魚も渋いだろうしってことで、今日は釣りはやめにしました。
せっかくなんで、2007年の釣りの総括でもしてみます。
今年は、いろいろな釣りに挑戦した年でした。
釣行回数のトータルは、なんと67回!!
ほぼ毎週、しかも時には土曜と日曜両方釣りに行ってる日もありました。
彼女の仕事が忙しく、両日とも独りってことが釣りに行けた理由なんですが、8後半〜9月に自分も忙しくて1カ月間釣りに行ってない期間があるので、やっぱりそれ以外はめちゃくちゃ行きまくってったってことですね。
さて、何を釣りに行ってたのでしょう?
ブラックバス釣り 33回(フローター16回、ボート4回)
渓流       08回
クロダイ     07回
管理釣り場    07回
船釣り      03回
その他      09回
夏以降は、月1回ずつしかブラックバス釣りには行ってなかったので、自分的には「今年は、ほとんどバス釣りしなかったなあ……」って印象なんですが、前半は寒いうちから行きまくってたので、トータルの半分はブラックバス釣りをしていたことになります。しかし昨年はたぶん50回近く行っていた水郷に7回しか行ってません。寒い時期に3回、ネンさんの結婚式の合間の数時間も入ってますから、釣れる時期の水郷にはほとんど行ってないんですね……。
春から夏にかけては渓流釣りにはまり、それと入れ替わる形で夏以降は黒鯛に通ったって感じですね。
その他は、ワカサギ、クチボソ、ハゼ、テナガエビ、そしてmatuさんや村西カントクとのボート釣りなどバラエティーに富んだ釣りができました。
釣果の方は……?
ブラックバス  88匹
渓流魚     13匹(湯の湖でのニジマス2匹含む)
黒鯛      03匹
という結果でした。ブラックバスの88匹は、150匹位釣っていた前年までとは比べてかなり少なくなっていますが、釣行回数も前年はブラックバスだけでたぶん50回以上は行ってますから、釣果が悪くなった感じはしてません。最大は47センチ。今年は47センチを3匹釣ってますが、それ以上は出ませんでした。
意外にもいっぱい釣ってるのはシーバス。黒鯛釣りの外道として釣ったものばかりなんですが、大小合わせてなんと31匹も釣ってます。
さて、今年の感動フィッシュは?
5.22 秩父某川 チチブイワナ 25センチ
IMGP1383.JPG
7.21 東京湾某堤防 クロダイ 43.5センチ
IMGP1923.JPG
チチブイワナは本当に感動的でした。車止めから1時間の遡行。竿が折れたり、悲しい事があったりした後の釣果。しかも狙っていた赤い斑点を持つ幻のチチブイワナだけに本当に感動しました。
そして、人生初のクロダイ。12月に46センチを釣っていますが、やはり人生初の感動には叶いませんね。ファイト時間も長かったし、上がった瞬間にへたり込むような1発でした。
ブラックバスも47センチを3本上げましたが、
IMGP1741.JPG
IMGP1836.JPG
IMGP2108.JPG
目の前でロクマルを上げられてその衝撃に追いつく事はできませんでした。なんか、今年は他の人が釣った魚の印象が強いですね。M氏のロクマル&超ファット56センチ、
IMGP1802.JPG
IMGP1768.JPG
きたさんの大爆笑アメナマ、
IMGP1665.JPG
IMGP2080.JPG
matuさんのアオリイカ、
IMGP2395.JPG
まささんのシーバスなど、
IMGP2521.JPG
結構、自分以外の人の魚が心に残ってますね〜。
今年は、単独釣行も多かったんですが、やっぱり「楽しかった」という点ではみんなとの釣りが思い出されます。
MAVでの100匹対決はどれも喉が痛くなるくらい笑ったし、
IMGP0505S.JPG
ネンさんの結婚式から2次会までの間にやった釣りも、短時間なのになんか異様に楽しかったですねえ。
IMGP1667.JPG
まささん、ヒロさん、たさきちさんと行ったフラデブも時間も忘れて12時間近くも浮いたっけ。
IMGP1415.JPG
manzohさん、けんたさん、まついちさんとやったサルカップも、どしゃ降りの中だったけど、笑ったなあ。
IMGP2188.JPG
今年も楽しく釣りができました。
08年もよろしくお願いします。楽しい釣りしましょう!
posted by やすだ at 14:27| 埼玉 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

10.21 小さなビッグゲーム

10.21 小さなビッグゲーム

今日は所用があり夕方からちょっとだけ時間が空いたので、彼女とともに、まささんが爆釣したという道満グリーンパークへクチボソ釣りに。
先週フナ釣りした時のミミズの残りがまだ元気だったのでこれを使う事に。
竿はJSYで数百円の2.4mと1.3mのやつ。
餌はミミズをハサミで細かく切って使った。
道満に着いて池でさっそく釣り開始。
すぐにアタリがあるんだけど、ハリが大きいのかフッキングしないよ。
なかなか難しい。
かなり派手にウキはけし込むんだけど、掛けられないよ。
そして、ついに!
細かいアワセを連発しているうちに、掛かった。
ピクピクピクという魚信が手元に伝わってきたよ。
クチボソゲット。
5センチくらい。
なんとか1時間ほどで6匹ゲット。
IMGP2347.JPG
昨日は50センチを超えるシーバスを10匹釣ったけど、この釣りもかなり奥が深くて楽しいな。
魚釣りの楽しさは、決して魚の大きさではない事を実感。
次回はもっと小さいハリと、浮力の低いウキを買ってこようっと。
クチボソ釣りオモロイ!
posted by やすだ at 02:15| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

10.14 ♪小ブナ釣〜りし……

夕方、ちょっとだけ釣りがしたくなって、ミミズを買い込みフナ釣りに出かけた。
とある池でやってみたんだけど、まったく反応がない。
なので、芝山沼へ。
ちょっとだけバスも狙ってみたけど、まったく釣れる気がしない。
ノベ竿でミミズつけて小物狙いしてみたら、ギルが爆釣。
IMGP2337.JPG
背ビレがすげえよ!
ああ、でもフナ釣りたかったな。
近所でフナが釣れるとこないかなあ?
posted by やすだ at 12:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

8.25 ぼくの夏休み

今年になってから、毎週のように釣りに行き続けていたのだが、ついに仕事が忙しくなってしまった。
とはいっても、現在はまだ外注さん段階で詰まっているので、オレ自身は身動きが取れないってほどでもないんだが、それでも心配性なので釣りに行くのは自粛中。
で、土曜も自宅でやれる仕事を進行していた。
午後になって煮詰まってしまい、釣り具屋にちょこっと息抜きに行く事にした。
東川口にできたという中古屋へ。前にkeishiくんに聞いてたのですぐに見つかった。
新品も中古もかなり豊富だなあ。
気持ちが緩い時なら、きっとどんどん買っちゃうよ。
でも、ルアーも竿も家にいっぱいあるしなあ……と、あっさり我慢ができた。
そのまますぐ近くのJSYへ。
最近のオレにはこっちの方が楽しかったりする。
ハリのコーナーを見ていたら、クロダイ用の新型管付きを発見。これは即買い物カゴへ。さらにハリスやら海釣り雑誌やらを購入。
ああ、今年はなんだかんだでアジ釣りに行かなかったなあ……なんて海釣りコーナーを眺めてたら、激安の投げ竿を発見。よくある青いやる。そういえば、子供の頃、父にはじめて買ってもらったオリムピックの投げ竿もこんな色だったっけ。買いそうになったけど、我慢。
さらに小物釣りのコーナーを見てたら周辺のポイントマップが貼ってある。
「末田用水」……そういえば、子供の頃よく父に連れて行ってもらったなあ。
なんか急に行ってみたくなっちゃった。
確か、車には先週ハゼ釣りで使った9尺の竿が乗ってるハズだもんね。
ちょっとくらい竿を振るのもイイか……。
赤虫とトウガラシウキを購入すると、JSYから10分くらいの末田用水へと急行していた。
この時期の末田用水って増水していて流れも早いんだ。
当時は硬めののべ竿に4号くらいのナツメオモリつけて、2本バリにネリエサ『大ゴイ』をつけてぶっ込んでおくと、いいサイズのマブナやコイっ子が釣れたっけ。
思い出すなあ……もう30年近く経ってるんだよね。でもこの辺は、まだまだ田んぼが多くて、あまり変わらないね。なんか安心した。
今日は完全小物狙い。ハリスも0.4号だから、大きいのがかかったら切れちゃうもんね。
クチボソとかタナゴを狙いながら、フナが釣れたら万歳!って感じかな。
赤虫を房掛けにして流すとアタリまくるよ。
アワセると、魚の感触はかすかにあるんだけど、かからないんだよね。きっと魚が小さくて赤虫の垂らしの部分を食べてるだけなんだよね。ハリ掛かりしない。
ハリはこれしか持っていないから、餌の付け方を工夫する。ワッキーにしてみたり、通し刺しにしてみたり……。
それで、アタリがあっても完全に乗るまでアワセないでいたら、ついにフッキングしたみたい。竿を立てると、カワイイ魚が水面から飛び出してきた。
82501.JPG
クチボソ!
ほんとちっちゃい! 3センチくらいだね。
こんなんじゃ、なかなかフッキングしないワケだ。
だいぶコツも掴み、連続して釣れるようになってきた。楽しい!
82502.JPG
バスとか黒鯛みたいに爽快な満足感はないけど、じわじわと嬉しさが込み上げてくる感じだよ。
1時間ほどでツ抜け。
82503.JPG
最大で4センチくらいかなww
仕事に疲れた心を癒し、帰路へとついたのだった。
やっぱ、釣りは楽しいねえ。子供の頃みたいにぶっ込みやったり、フナ釣りもしたくなったよ。
最近、子供の頃を思い出すようになったなあ……疲れてるのかな。
でも、子供の頃って楽しかったよなあ。
posted by やすだ at 11:38| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

8.19 ゼーハー不完全燃焼

彼女が実家から帰ってきたので、今日は釣りはお休み〜……。
って思ってたら、なんと釣りに行きたいと言い出した。
とはいえ、もう午後3時前。しかも釣れる釣りじゃないとすぐに飽きてブーたれるもんなあ……。
ってことで、近場の荒川でハゼ釣りすることにした。
ここなら何週間か前に2時間くらいで28匹釣ったしね。
餌の赤虫を買って、荒川のテトラへ。
彼女のに餌をつけてやって、入れたらすぐに1匹釣れたよ。
これなら、飽きないだろう……って思ったら、これっきりでアタリもほとんどない。
オレの方も全然だよ。
釣れないなあ……っと沖を眺めてたら、鵜が何か捕まえて食べてるよ。
よく見たらウナギ!
IMGP2190.JPG
近くにいたオジサンによれば、ここはウナギの爆釣ポイントだそう。
ドバつけてぶっ込んでおけば、夕方の2時間くらいで3匹は軽いってさ。
しばらくすると、急に潮が満ちてきたらしく、足場にしていたテトラが水没し始めた。
途端に、釣れた。
IMGP2197.JPG
これが時合だったらしく、彼女も立て続けに2匹追加。
よーし、いっぱい釣るぞ〜! と意気込んだところで、彼女の「もう帰ろう」……。
不完全燃焼のまま帰宅となったw
posted by やすだ at 11:25| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

8/5 ビバ・ゼーハー

今日はホントは黒鯛釣りに行きたかったんだけど、黒鯛釣りってけっこう金がかかるんだよね。
渡船代金4000円、餌代1000円、ガス代1000円、食事代1000円。
先週、実はまた黒鯛用の竿買っちゃったんだよね。なのでちょっと金欠。
今日は我慢する事にした。
朝起きたらいい天気だったから、洗濯して、ふとん干して、2週間ほったらかしてあるフローターを洗剤つけて洗って……彼女が帰省中だから、一人暮らしなんだよね。
一人暮らしってけっこうやること多いよ。
気がついたら午後2時だった。
そうだ! テナガのリベンジに行こう!
あそこなら、近いからお金かからないもんね。
キャスティングで赤虫(210円)を買い込むと、一路笹目橋上流東京側のテトラへ。
先行者がいたので声をかけると、
「1時間でやっと1本目だよ」
とハゼを見せてくれた。12センチくらいのなかなかのハゼ。
「テナガエビはもうシーズンじゃないんですかね?」
と聞くと、
「そうだねえ……ギリギリ釣れるかもしれないよ」
と。そうかあ、もう微妙なシーズンなんだね。
ま、赤虫しかないし、テナガ狙いで行くしかないよ。
1mほどの小物竿にヨリモドシ、オモリ、玉ウキ、そして赤虫ばりのシンプルな仕掛け。それに赤虫をつけて投入。すぐに竿先がブルブルと震えた。
釣れたのは、なんとハゼ。5センチくらいだけどww
先行者のオジサンは1時間で1本って言ってたから、これは幸先がいいね。
でもって、連発! ダボハゼばかりだけどww
結局、約2時間半で28匹釣った。
haze1.JPG
でも、突如雲行きが怪しくなった。
haze3.JPG
あと2匹釣って30匹にしようと思ったんだけど、この2匹がどうしても釣れない。
ま、釣りってこういうもんなんだよね。
haze4.JPG
雨がポチポツきたから終了!
28匹中、ハゼはたったの4匹。残りは全部ダボハゼだよ。テナガは一匹も釣れなかった。
haze2.JPG
来年リベンジだな。
前回のリベンジってことで、前回同様マスクをかぶってやったために、目の回りとかだけ黒くなっちゃった。
posted by やすだ at 02:01| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

5.4〜5.5 奥日光夢釣行

今回はなっげ〜よ〜!
面倒臭い人は、文章読まずに写真だけ見てね。オレの楽しいGW一人旅日記だよん。
釣り竿を持って旅に出たよ!

さて、フローターから帰り、仕事。
原稿を書いたりしてたら、1時になっちゃった。ホントはこのGWはMさんから琵琶湖に行こうって誘われてたんだけど、なんだかんだ仕事が入りそうなので泣く泣く断念。
でも、今日は頑張ったから、明日、明後日は遊べそうだ。
ってゆうか遊びたいがために、フローターから帰ってヘトヘトなのに仕事やったって感じなんだけどね。
行き先は日光!
今年は、自分の釣りの中には2つの流れがある。ひとつは今まで通り趣味としての釣り。そしてもう一つは夢の釣り。子供の頃から『釣りキチ三平』だったり開高健だったり、その他釣り雑誌だったりを見て来た中で、死ぬまでにこの魚を釣ってみたい、この釣りをやってみたい、ここへ行ってみたいってのがいくつもあるわけ。それをひとつづつ叶えて行こうと思う。
ホントは中禅寺湖でレイクトラウトを狙いたいんだけど、タックルもないし、今回は中禅寺湖の上、奥日光にある湯の湖でモンスターブラウン、そしてワイルドレインボーを狙う事にした。湯の湖ならボートがあるから、長い竿はなくても大丈夫そうだもんね。
寝ないで行こうとも思ったけど、さすがに辛い。だって昨日も1時間しか寝てないんだもん。とりあえず、1時間だけでも寝て出発しようと目覚ましを2つ掛けて仮眠。
……ところが、目が覚めたら6時。5時間も寝ちゃった。急いで着替えを済まして、車に飛び乗った。
当初の予定では、経費削減のために夜中の一般道を飛ばして行くつもりだったんだけど、とにかく早く行こうってことで高速に乗った。ボートを予約してあるんだけど、7時のオープンには到底間に合わない……。外環から東北道へ車を走らせた。
ところが、岩槻IC付近でいきなり渋滞だよ。マジかよ!? そのまま久喜くらいまで50キロのトロトロ。そこからいきなり空いて一気に日光道へ。日光口のPAで旬の「たらの芽天ぷらそば」を朝食に。
IMGP1170.JPG
天ぷらはウマイ!
でも、そばが茹で過ぎなのとだしがイマイチだったね。
そこから、いろは坂を上って中禅寺湖畔を抜け、湯の湖へ。
10時半到着。思った以上にかかっちゃったな。しかし、凄い人の多さだ。
釣り人も岸にけっこういるし、ボートもいっぱい浮いてるよ。こんなに多いとは予想外だったね。
IMGP1174.JPG
すぐに入漁券を買って、ボートを借りた。しっかし、高い。入漁券とボートで8000円近くしたよ。
釣らないとなあ。
ボートは、いっぱい浮いてるんだけど、その半分はヒメマス狙いの餌釣り。
岬の先端とか、風裏のワンドとかいい場所にはすでにボートが入っちゃってる。
陸っぱりの人も多いから不用意に岸に近づけない。
景色は最高なのになあ……。
IMGP1173.JPG
陸っぱりがいない崖のエリアにボートをつけたよ。
近くの人に聞いたら、朝方に小さいレインボーが2匹釣れただけで、他は何もないって。
その人は、管釣りで使うような小さいスプーン投げてるな。
オレはまずはブラウン狙いだから、重いジグミノーを選択。湯の湖は全体的に、岸から急に落ち込んでるんだけど、そのブレイクにブラウンはついてるんだとか。そこを沖から投げてリフト&フォールでいったらいいんじゃないかという予想を立ててキャスト!
ゴン! 巻きはじめと同時に……根がかり。え、沖から投げてるのに……。ボートで真上まで行って竿を煽ったけど、取れずロスト。
次はラビットファーを巻いたフェザージグ。イワナ系は底べったりだっていうから、これをズルズル引けば……ゴッ! 着底と同時に動かなくなった。同じ展開で立て続けに2つロスト。どうやら、ここには大木が沈んでるみたい。メタルバイブのバーチカルリフト&フォールもあっという間に根がかった。こんなとこにはきっと魚がついてるんだろうね。でも1投ごとにルアーがなくなってたら、釣りにならないよ。フェザージグ、ガード付きで巻けばよかった……。そういえば、他の場所はまんべんなくボートが浮いてるのに、一見いいポイントに見えるここにはボートがいないのも不思議だもんね。さっきの人が管釣りに使うようなルアーで、表層ばかりを狙ってるのも頷ける。移動する事にした。
着いた時から風は強かったんだけど、昼を過ぎてますます強くなった。フライでやってる人は辛そうだ。
どんどんボートも減ってきた。いろんな人に聞いたけど、どうやら今日はかなり渋いみたい。ヒメマス狙いの餌釣りの人も3人で1匹だってさ。
風裏を探してボートを漕ぐ。あ、エレキ持ってきてたんだけど、湯の湖は動力禁止なんだって。だから手漕ぎ。ま、トレーニングになるし、いいんだけど漕いでる時は両手が埋まっちゃうから竿を持ってる事もできないから釣りはできないのが難点。エレキならハンドコンでも片手で釣りしながら、移動できるでしょ。
風裏になってるワンドに移動。
ここは人がいない。水深が1mくらいのシャローが続いてる。ヒメマスの餌釣りがいないから空いてるのかな。
と、ここで睡魔が……。
2時間程寝たか……爆音で目が覚めた。暴走族だよ。まったく、奥日光の雰囲気台無しww ま、彼らも観光したいんだろうね。しっかし、50台くらいだから凄い音だよ。
でも、その音がなくなったら、急に水面が騒がしくなったよ。ハッチが始まってライズし始めた。
うわ、フライ持ってくれば良かったよ。風が強いから振るの大変だろうと思って、車から下ろさなかったんだよね。
仕方なく、たまたまケースに入ってた管釣り用の3.5gのスプーンを投げてゆっくり表層引きしてみたら……ヒット! おお、釣れるんだね〜!
IMGP1178.JPG
上がってきたのは25センチくらいの管釣りチック(w)なレインボー。放流ものだね。でもさ、釣れればなんでも嬉しいね。管釣りやってるスプーンが上手い人が来たら、もうちょっと釣れただろうね。とはいえ、管釣りと違ってるのは、自分で場所を探さないとダメだってこと。仕切りがないから、どこに魚がいるか分からないからね。思ったより水もクリアじゃないから、目で見つけるってよりは地形で見つけるって感じ。その辺がどこで投げてもある程度は釣れる管釣りと違うよね。
そのうち、近くにいた人がドライで1匹釣った。うらやましい〜!
でもさ、手漕ぎボートでフライのキャスト難しそうだね。立ってるけどフラフラしてるもん。
ライズがあったのはほんの5分くらいだった。さっきは一瞬風が止んだんだけど、風が吹いたらやっぱり水面は難しいみたい。
スプーンの表層引きではバイト多数。バラシもひとつ。
IMGP1180.JPG
IMGP1184.JPG
で、やっと1匹追加。さっきと同サイズのレインボーだね。
間もなくボート屋の終了時刻。ま、放流ものだけど、2匹釣れたからちょっと満足。
日没までは陸っぱりならできるんだけど、渋滞のことを考えて、予約してある宇都宮のホテルへと向かった。
案の定、いろは坂がトロトロ。
ホテルには7時くらいになっちゃった。
で、宇都宮といえば餃子でしょ!
ホテルの近くにあった『宇都宮餃子館』で夕食。
IMGP1189.JPG
3色餃子セットを頼んだよ。
IMGP1190.JPGIMGP1191.JPG
なんと3種類の餃子がなんと18個もついてるの! 
んっめっ〜〜!
しっかし、スタミナつけ過ぎだな。
ホテルに帰って、翌日の準備。
明日も湯の湖に行くつもりだったけど、急遽、湯の川でネイティブブルックトラウトを狙う事にした。やっぱりあの人の多さにはうんざりだからね。
11時過ぎに就寝。3時に起床して、ちょっと運動。4時過ぎにホテルをチェックアウトして、再び奥日光を目指した。
5時過ぎに、入漁券を売っている赤沼茶屋に到着。
IMGP1199.JPGIMGP1200.JPG
湯川に入る場合、ここがもっとも早く開く入漁券販売所なんだよね。ゆっくり用意して店が開くと同時に買って、戦場ヶ原の湿原に入った。
IMGP1203.JPG
他の人たちはいっせいに車を走らせる。どうやら、みんな湯川の最上流である湯の湖からの流れ出し……湯滝から入るみたいだ。
その理由はすぐに分かったよ。けっこう水位が低い。湿原エリアでこれだけ水が少ないと、川の中にストラクチャーが少ない分、魚のつき場みたいのが見当たらない。流れ出しから1kmくらいは森の中だし、落ち込みもあるから魚がつき易いだろう。しまったなあ……。とにかく一気に上がろう。4km先の湯滝を目指す事にした。
すんげえ歩いたよ。すんごい早さで。
あ、谷地坊主がいっぱいあったよ。
IMGP1205.JPG
谷地坊主っていったら、『釣りキチ三平』に出てくる「坊主おじさん」なんだけど、ホントは湿原にあるこのこんもりとした草の事を「谷地坊主」って言うんだって。
IMGP1206.JPG
そんなふうに時には景色を見ながらも、ガンガン歩いた。ちょうど湯滝までの中間地点くらいにある休憩所には20分くらいで着いたよ。赤沼茶屋から2kmくらい。ウェーダー履いてだから、すんごい体力を消耗した。それでもガンガン歩いて森の中に入った。
やっぱり倒木の下なんかには魚が見え隠れするよ。
IMGP1220.JPG
いやあ、ホントここの景色は最高だね。
普通の渓流とはちょっと違うんだよね。落差が激しくなくて、倒木がいっぱいあるの。
IMGP1219.JPG
IMGP1240.JPG
IMGP1242.JPG
IMGP1243.JPG
釣りキチ三平の釧路湿原の雰囲気。北海道の渓流ってこんな感じなのかな。近々北海道も行きたいなあ……。
まずは、ルアーで開始。
反応がない。
たしか、2年前に来た時には、湿原エリアではラパラCDとか規則正しく動くルアーのただ巻きが良くて、森の方に来たら、ダイビングミノーのトゥイッチが良かったっけ。
シルバークリークシャッドを結んでどんどん釣り上がる。上から降りてきた人が、オレを見つけて吃驚してたよ。だって、その人は自分が一番先に釣り下ってると思ってるから、まさか自分より先に人が入ってるとは思ってなかったんだろうね。
で、ひとつめの大きな滝の滝つぼを狙う。湯川ってのはフライの聖地って言われてるだけあって、フライマンとルアーマンの比率は8:2位。フライの人は滝の下の淵をやってて壷はやらないみたいだからね。
沈んでる岩に沿ってトゥイッチしてくると、食った!
IMGP1212.JPG
IMGP1216.JPG
IMGP1218.JPG
やった〜! 釣ったぞネイティブブルック!!
感動で手が震えたね。 いや〜、キレイな色だ。24センチ。
泊まって来た甲斐があったよ。この一匹で大満足。
一気に湯滝まで上って、湯滝の休憩所でお祝いだあ! 一番高い湯滝定食にけんちん汁をつけたよ。
IMGP1230.JPG
そばも、んめぇし、鮎の塩焼きも最高! 鮎も背中の部分が生焼けかと思って、オジサンに聞いたら、生みたいな部分が背油なんだって。
IMGP1233.JPG
んめぇ〜〜!
鮎をかじって、ご飯をかき込んで、そばをすする。けんちんもいろんなキノコがたっぷり入ってて、んまかった! 一気にたいらげた。
IMGP1234.JPG
帰りはのんびり戻ろう。一気に4kmも上ってきたもんだから、ちょっと疲れたよ。睡眠も少ないしね。
IMGP1223.JPG
湯滝最高! マイナスイオンでまくりだよ。
せっかくだから湯滝に投げてみたら1投目で釣れちゃったよ。色はアメマスチックだったな。後ろで観光客の女性が「釣れてる、釣れてるよ〜!」ってキャーキャー言ったもんだから振り返ったら、魚、写真撮る前に落ちちゃった。ま、いいか。
で、行きに釣れた滝でまた投げてみる。
根がかりしちゃった。倒木があるんだよね。ラインを伸ばして、下流に回って浅そうなところを回ってみたら引っ掛かったルアーが見えるよ。倒木にまたがって、手を突っ込んだ。うほ、めっちゃ冷てぇ〜! 埼玉の渓流の比じゃないね。だって10秒入れてたら、痛くて痛くて……。やっとの思いで回収に成功。なんか軍手みたいのが引っ掛かってきたよ。これじゃあ取れないワケだよ。
IMGP1235.JPG
この軍手にはルアーが5個もついてたよ。TDミノーと知らないミノーとスプーンとスピナー……でもってチップミノーもついてた。チップミノーは高いからね〜。超得した気分。でもさ、みんなフックが錆びて腐ってたから、今シーズンのじゃないよね。チップミノーはバルサだから水吸っちゃってるかな?
さらに下る途中で、倒木にルアーを引っ掛けちゃった。
また倒木にまたがって取りにいったついでに倒木と倒木の隙間にルアーを落としてみた。
そしたら、イイサイズのブルックがアタックしてきた。うわ、いるじゃん!
ルアーを交換して一度だけまたアタックあったんだけど、フッキングはなし。ダメ元でスピナーをフォールさせたら……ピックアップの瞬間、グワ!! さっきと違うヤツがアタックしてきた。しかもデカイ! 滅多にみることはできないという40アップか!! しかし……ドラグユルユルだった。ノリ悪いかと思って緩くしてあったんだ。フッキングしなかったよ。ちょっと粘ったけど、2度と出なかった。残念……。
その後、タックルを背中のリュックに入れてあったフライに替えて、のんびりと下ってったよ。
夫婦でフライしに来てる人に出会ったり、
IMGP1238.JPG
子供をおんぶして流れを渡るお父さんがいたり……。
IMGP1239.JPG
家族って良いなあ。将来はあんなふうになりたいもんだ。
ふと、眺めていると小さな沢にブルックが1匹いるのを発見。ああ、こんな沢にも上るのか!とズンズン。これが間違いだった。戦場ヶ原って湿原だから、支流はどんどん枝分かれしてて、しかも蛇行しまくってさらに合流したり分かれたりしてるから、ワケわからなくなっちゃうの。めちゃくちゃ歩いてたら、湯川本流がどこにあるのか分からなくなっちゃった。
IMGP1245.JPG
半遭難状態のまま2時間……彷徨った挙げ句、熊避けの鈴が聞こえてなんとか人がいるとこに辿り着いた。あ、オレも熊除けはつけてるよ。食べられちゃうのはイヤだからねw
IMGP1250.JPG
もうヘトヘトだし、お目当てのブルックも釣れたし、満足だな。
ちょっと休憩してる間に3人のフライマンが通り過ぎた。どの人もダメだって。連休後半3日目だし、もうかなり叩かれて魚がスレてるらしく、ドライでは水面には出きらないって。ニンフで1匹釣ったっていう人がいただけ。今日はドライしか持ってきてないし、上手な人がそれだから、オレには難しいかな。
ルアーで釣れてるし、満足したから渋滞になる前に帰ろう。3時前に納竿。赤沼茶屋でカツ重食って、帰路についた。
早く出たつもりだったけど、もう渋滞は始まってた。
帰りは122号をひたすら走ったんだけど、水沼で温泉を発見。
ここは駅に温泉がついてるんだって。
IMGP1268.JPG
1時間、ゆっくり浸かって満喫。
目の前には山があって、
IMGP1263.JPG
その前には渡良瀬川が流れてて、鯉のぼりがかけられててさ、
IMGP1267.JPG
景色が最高だったよ。露天風呂もあるしで、ホント気分が良かった。ひとり旅って思いつきでこういう寄り道もできるからいいよね。
出た頃には少しだけ渋滞が解消されてた。
10時半帰宅。楽しかった。
ホントに楽しかった。
夢のモンスターレインボーは釣れなかったけど、ネイティブブルック釣れたからいいでしょ。
次はアイツを釣らないとな!!
IMGP1253.JPG
posted by やすだ at 11:38| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

1.21 んまい釣り

今日は生まれてはじめてのワカサギ釣り。
前日からワクワクで、100円ショップでバケツ買ったり、竿を選んだり。遠足前の子供の気分w
持って行く竿は、4年前にトラウト用に作ったヘラ竿にガイドとリールシートをつけたペナペナ竿と、これまたトラウト用の激安ペナペナ、そしてバス用のMLのベイトロッドに決定。とにかくはじめてだから、どんな竿が合うか分からないけど、小さい魚だから少しでも柔らかい竿がいいでしょってことで。
仕掛けも数種類買っておいた。
朝6時過ぎに出発し、バルさんちからわずか30分で宮沢湖に到着。
いやあ、近場なのに風光明美でいいとこだよね。
IMGP0557.JPG
ボート屋で情報を入手して開始だあ〜。
バルさんが漕いで、ポイント到着。
IMGP0562.JPG
さっそく糸を垂らしたけど、釣れない……。
いやあ、鈴鳴りでじゃんじゃん釣れてくる事を想像していただけに、このギャップに戸惑うなあ。
うなだれてたら、あ、鳥が遊びに来たよ。コイツ、全然人間を怖がってなくてすぐ近くまで来るんだ。記念撮影。
IMGP0554.JPG
でもさ、よく考えてみたらMAVのトラウトだって100超えるんだから、40匹目指しての釣りならこんなもんか。
1本目はベイトロッドに来た。この竿だけ、餌つりじゃないんだよね。最初っからハリにワームがついてるのを買ってきたの。だから本年度疑似餌で1種目達成!
次第にポツポツと釣れはじめる。
IMGP0556.JPG
やっぱ、選んだ竿が良かったね。
ヘラ竿改は明確にアタリを伝えてくるもん。でもって秋田ヒネリってハリがかなりフッキングがいいらしくて、こればっかりが釣れるんだよね。この仕掛けばっかり買ってくれば良かったよ。バルさんも釣れるのこの仕掛けばっかりだ。
しっかしさあ、手がかじかんでちっこいハリにエサをつけるのがめちゃめちゃ大変。
次回はホッカイロ必携だね〜。
IMGP0558.JPG
ふと、横を見ると向こうで釣ってるやつらはロープの左側で爆釣してるよ。
我々はボートを係留する位置が良くなかったらしくて、左側は沈んでるロープがあって根がかりしちゃうんだよね。だから右側ばっかりやってたんだけど、ベイトロッドの方で左側打ってみた。
これが大当たり。入れ食いだよ。じゃんじゃん釣れる。
324563280_226.jpg
いつしかバルさんとダブルスコアになっちゃった。
調子に乗ってヘラ竿改のもこっちに投入したら、1発で根がかりして、一番釣れる仕掛けをロストしちゃった。
これが午後の明暗を分けるとは……。
午後は爆釣だったロープの左側を真正面から狙える位置に陣取った。
これで大爆釣間違い無し……って思ってたら……。
沈黙……。
一方、バルさんは午前中車に忘れてた仕掛けが例の爆釣「秋田ヒネリ」だったせいで大爆発。入れ食い状態だよ〜。完全に立場が逆転してしまった。ああ、もう追いつかれる〜って感じのところでタイムアップ。
結局、午後はオレ1匹しか釣れなかったww
3時半で終了ってちょっと早過ぎだね。
結果はオレが58匹!
IMGP0563.JPG
バルさんが49匹。ダブルスコアになってた事考えると、午後のバルさんの追い上げの凄さが分かるなあ。
でも、今日はオレの勝ち〜! なんか午後釣れてないから全然勝った気しないけどww
IMGP0564.JPG
さて、普通の釣りならここで終わりなんだけど、今日は食べられるんだよね〜!
バルさんが料理してくれたよ。
こうして見るとバルさんとの合計107匹も大した事ないんだなあ。大人数で食べるんだったら、倍は釣らないとね。でも今日は2人だし十分!
IMGP0566.JPG
まずはフライ! 揚げたてが最高! 
IMGP0570.JPG
思わずバルさんに「ご飯ちょうだい」って言っちゃったよ。
で、お次は塩焼き。
IMGP0571.JPG
シンプルだけど、これまたんっま〜い! ワカサギって淡水魚なんだけど臭みが全然ないんだよね。
そして最後はつくだ煮。
IMGP0572.JPG
これは筆舌しがたいうまさ……。
ホント、絶対に「白いご飯くれ!」って言っちゃうよ。
つくだ煮をおみやげでいただきました〜! バルさんありがと! ごちそうさま〜!
今年はこんな美味しい釣行もいっぱいしましょう!
posted by やすだ at 10:51| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

1.14 夢を追う……

やっぱり、自然のフィールドでネイティブトラウトを釣りたい。
夢は銀山湖(奥只見)で大イワナを上げる事だ。
この写真が夢の一枚。
Gijieに載ってた常見忠さんのコラムにあった写真ね。
okutadami.jpg
管釣りでもトラウトは釣れるけど、あそこにいるのは「釣られるために生まれた管釣りの魚」だもんね。
釣りキチ三平や開高健を読んで育ったからには、やっぱ野生のトラウトだよ。
男のロマンだよね。
んなワケで、バルさんの突発的な提案に乗った。
ランドロックのネイティブトラウトが釣れるという奥多摩湖で夢を追うよ〜!
今回はフライではなくルアーでトライ。
リールはアブガルシアでルアーはトビー(竿はハートランドだけど)!
-3度。
夜明けにはもっと冷え込んでただろうね。
実は、奥多摩はオレにとっては相性のいい場所なの。
昔、雑誌の取材ではじめて渓流釣りに挑戦したんだけど、イワナ、ヤマメ、ニジマス……なんと自然の渓流で、ここをホームとするアングラーを差し置いて、全部で11匹も釣れちゃったんだよね。
あ、でもそれは渓流なので今は禁漁中だから今回は禁漁のない本湖で挑戦だよ。
奥多摩本湖はバス釣りで一回だけ。そん時は一カ所でずっとやってたから、ポイントとか全然知らないなあ。
明るくなるのを待って、湖面まで降りられる場所を探す。
でも、ホントないんだよね。とはいえ、こんな寒い時期に無理に崖を下りてドボンなんていうんじゃシャレにならないからね。
やっと見つけた場所でキャスト。
IMGP0529.JPG
ああ……気持ちがいい! 澄みきった空気の中で思いっきり遠投。これだけで満足。
満足したから、帰ろうね。
ま、実は単に釣れなかった……続けても釣れる気がしなかっただけなんだけどね。
男のロマンも寒さには負けるんだよw
帰りに日高にある管理されてない釣り場「あそこ」に寄るも撃沈。
収まりつかず、FF川越でニジマス2本。
うん、魚の引きも味わえたし満足。
ランドロックのネイティブトラウトは釣れなかったけど、夢は見られた。ドキドキしたなあ。
夢はすぐに叶っちゃったらおもしろくないもんね。
また挑戦しよう!
posted by やすだ at 13:15| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。